Event is FINISHED

【募集スタート!】【xLAB2019】シンポジウム「REDEFINING RESILIENCE IN TOKYO」

Description
シンポジウム「Redefining Resilience inTokyo(冗長性の再定義)」開催!
〜国内外24名の専門家による議論から、テクノロジー×都市のあり方を考える〜
(2019.7.9/イベント詳細をアップデートしました!)

ご聴講申し込みに関するお問い合わせ
xlabss@japan-architect.co.jp

■イベント概要 *Event Detail: English below

建築・都市デザインの分野から、
将来の〈物理環境〉と〈デジタル環境〉の融合のあり方をリサーチする、
国際的シンクタンクとして2017年に設立されたxLAB。

xLABが開催する夏期連続イベント「xLAB サマー・プログラム」もいよいよ3年目/最終年を迎えました!
これは、学生・研究者・実務者らの交流や、
さまざまなアイデアの実証、知識の共有を通じて、
近い将来の人が暮らす環境をデザイン/構築するための戦略を開発することを目的としたイベントです。

今年のテーマは「RESILIENCE」(冗長性・柔軟性)
近年の技術・社会・環境的な、あらゆるものごとの激しい変化を受けて、
将来のために「環境のデザイン手法」を改めて考え直す必要性が高まっています。
変化の速さと、予測不可能性に対応できる柔軟なシステムを開発するために、
テクノロジーをどのように活用することができるのでしょうか?

本シンポジウムでは、「REDIFINING RESILIENCE IN TOKYO」(冗長性の再定義)をタイトルに、
建築が扱う領域の拡張、幅広い産業とのコラボの可能性を議論します。
国内外から、20名超ものゲストの方々にご参加いただき、パネル・ディスカッションを行います。

今回、「RESILIENCE(冗長性・柔軟性)」に対して、
「Techno-Resilience」「Socio-Resilience」「Eco-Resilience」という3つの小題(トピック)を用意しました。
パネラーの方々の発表+ディスカッションを通して、
都市における「Resilience」のあり方を考える、超充実のイベントです!


■ PANEL 01:TECHNO-RESILIENCE
(TECHNO-:技術的な)
東日本大震災のような大規模災害が世界的に頻発する中、自然のリスクと戦う技術的な試みがなされています。
建設、土木工学、都市デザインの分野で「Resilience」を発展させ、
都市の回復力に関する多面的なアプローチを浮かび上がらせることができるかもしれません。
回復力のあるシステムは、都市の環境問題に対する単一的な解決策を開発するものではなく、
冗長性・柔軟さの実装で、一連のモノ、ヒト、環境に向き合い、脅威を克服するものである必要があります。
「PANEL 01」では、将来の都市のデザインの可能性を引き出すため、
技術的な観点から都市の「Resilience」について扱います。

■ パネラー
・ニール・ディナーリ...Neil M. Denari Architects主宰 カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授
・目黒公朗...東京大学生産技術研究所教授 都市基盤安全工学国際研究センター長
・金田充弘...Arupシニアアソシエイト 東京藝術大学准教授


■ PANEL 02:SOCIO-RESILIENCE
(SOCIO-:社会的な)
世界規模で発生する大規模な一時的事象(五輪など)や、長期的事象(移住・移民など)は、
すでに発展を遂げた都市にとって、大きな重しとなってしまっています。
さらに、テクノロジーやデータの発達で、人間同士・環境との新しい関わり方が誕生している現代、
多様な時間・規模での人々の行動の変化に対応しうる、社会的な「Resilience」の構築が求められています。
都市のシステムが新たな技術を活用して問題を減らすためには?
どうしたら世界の人々の流動・人口の変化が生み出す機会を最大化できるのか?
「PANEL 02」では、近い将来に発生するであろう多様な変化に追随できる、動的な環境デザインを考えます。

■ パネラー
・マイケル・オスマン...建築史家 カリフォルニア大学ロサンゼルス校準教授
・津村耕佑...ファッションデザイナー 武蔵野美術大学空間演出デザイン学科教授
・社家一平... NTT未来ねっと研究所研究員


■ PANEL 03:ECO-RESILIENCE
(ECO-:生態的な)
ある都市環境と、それが属するグローバルな状況が、本質的に関係し合うことを否定することは不可能です。
地球について考えるとき、自然環境と都市環境に切り分けるのではなく、
多くのシステム・イベント・ヒトにとっての「ひとつの環境」として、包括的に見る必要があります。
生態学的な「Resilience」のためのストラテジーを構築すること。
環境デザインの未来についての可能性を拓くことは、人間のための環境を維持し、今ある生態系を残すために不可欠です。
「PANEL 03」では、複数の種類の生態系が共存し、相互作用し合う都市を育てる可能性を探ります。

■パネラー
・ミホ・マゼリエウ...マサチューセッツ工科大学准教授 Urban Lisk Labディレクター
・味埜俊...東京大学大学院新領域創成科学研究科教授(環境技術システム論)
・大隅典子...神経科学者 東北大学大学院医学系研究科教授


■議論に参加いただくレスポンダント
・梅澤高明...A.T.カーニー日本法人会長、海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)社外取締役
・ジョージ・アベ...カリフォルニア大学ロサンゼルス校アンダーソンスクール(ビジネススクール)教授
・小野田泰明...東北大学教授
・隈研吾...隈研吾都市建築設計事務所主宰、東京大学教授、xLABディレクター
・出口敦...東京大学大学院新領域創成科学研究科教授、xLABディレクター
・阿部仁史...AHA主宰、カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授、xLABディレクター
・カズ・ヨネダ...Bureau 0-1主宰、慶應義塾大学SFC政策・メディア研究科特任助教、xLABファカルティー
・中西忍...日本科学未来館副館長
・四方裕...新建築社「新建築」編集長
ほか、現在まだまだアップデート中です!


【開催概要】
日時:2018年7月28日(日)13:30〜17:40(13:00開場)
会場:日本科学未来館 7階 イノベーションホール(東京都江東区青海2-3-6)
参加費:無料
定員:40人(先着順)
(登壇者は、予告なく追加・変更されることがあります。ご了承ください)

*こちらのイベントは先着順です。定員に達し次第締め切らせていただきます。

========================================

xLAB is an international think tank initiative that examines architecture's elastic boundaries and considers new possibilities through interdisciplinary collaboration in the study of the future built environment. As professional boundaries expand into other fields, architecture searches for a multi-dimensional approach to shaping future environments. For 21st Century design, architecture must not only develop strategies for the physical environment, but also consider the technical environment of information space. The design of static "space" has begun to transform into dynamic environments that also handle "time"—the base mode of information space. To build future environments, the design methodologies that have been developed to deal with static space need to be updated in order to address the intertwined mechanism of "space-time." xLAB aims to create a platform for exploring this new area of environmental design through a network with diverse fields such as technology., science, and business.

In recent years, the growing intensity of technological, social, and environmental issues has catalyzed a need to redefine the design of environments for the future. How can we leverage innovations in technology to develop flexible systems that are capable of accommodating an increasing rate of change and unpredictability?
xLAB, in collaboration with The National Museum of Emerging Science and Innovation (Miraikan), will host the Redefining Resilience in Tokyo Symposium. More than a presentation for an audience, the symposium will serve as a platform for exchanging ideas on how these innovations can shape our city's future.
The event gathers international experts from various fields to participate in deep and engaging conversation through a series of communication scenarios. The day will begin with the Big Table symposium, where participants will engage in dialogue via three prepared panels. These scenarios are part of one continuous conversation to further innovation and develop design strategies for our future environments.

Panel 01: TECHNO-RESILIENCE
Due to the increasing global frequency of major disasters, such as the Great East Japan Earthquake, technological attempts have been made to combat natural
risks. By developing redundancy in fields of construction, civil engineering, andurban design, a multifaceted approach to resilience may emerge. Rather than developing singular solutions to urban environmental issues, resilient systems must implement a softness, flexibility, and redundancy that will allow them to overcome threats by interfacing with a changing array of objects, populations, and environmental situations. Session one will discuss urban redundancy from the technological perspective to leverage possibilities for design in the future.

Panel 02: SOCIO-RESILIENCE
Both massive global events such as the Olympics and long term patterns of migration put a strain on the resources of developed cities, where the everyday urban systems are previously established. At the same time, developments in technology and data systems have enabled new possibilities for how humans interact with each-other and their environment. It is thus necessary to develop a social redundancy that can accommodate changes in lifestyles and behavior across different time scales and magnitudes. How can the systems of the city leverage emerging technologies to mitigate challenges and maximize opportunities created by these shifts in global population? With a focus on social resilience、session two will discuss the design of dynamic environments that can accommodate the diverse changes present in the near future.

Panel 03: ECO-RESILIENCE
It is not possible to deny the intrinsic relationship between urban environments and the global context to which they depends on. Rather than repeating the distinction between natural and urban environments, the earth must be considered as a single ecology of many globally interconnected systems, events, and populations. Developing strategies for ecological resilience is indispensable for maintaining the human environment and preserving existing ecologies, as well as opening future possibilities in environmental design. Session three will explore the possibility of developing a resilient urban ecology where multiple types of ecosystems coexist and interface with each other.

Please join us at the event. We are looking forward to seeing you.
*This event will be held in English only or both in English and Japanese using simultaneous interpretation.

【Event Outline】
Date and Time:Sunday, July 28th, 2019 13:30〜17:40(13:00 door opens)
Venue:Miraikan 7th Floor Innovation Hall(2-3-6 Aomi, Koto-ku, Tokyo, Japan)
Entrance fee:Free
Capacity:50 people (First come)
*Tickets are available on a first come, first served basis.
We will stop accepting applications once all the seats are taken.
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#452227 2019-07-09 17:54:43
More updates
Sun Jul 28, 2019
1:30 PM - 5:40 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
江東区青海2丁目3−6 Japan
Organizer
xLAB SUMMER PROGRAM
297 Followers